月桃茶の成分

月桃茶の成分

月桃の成分としては、大まかには、
・ポルフェノール
・食物繊維
・ミネラル
・デヒドロカワイン類
です。

もう少し詳細な成分としては、
鉄、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB1、B2、ビタミンC、カロテン(ビタミンA効力)
です。

月桃から抽出した結果、多種多様な成分が検出されています。
精油成分としては0.7%~1%含んでいます。主成分分はシネオール、アルピネン、ピネン、カルダモニン、α-カリオフィレン、セスキテルペンアルコールです。

月桃葉からの抽出液としてはターンオーバー促進成分(ビタミンA、ビタミンC、アミノ酪酸など)が検出されています。

月桃の根茎からは、
単離された2種類の5,6-デヒドロカワイン(DK)とジヒドロ5,6-デヒドロカワイン(DDK)が、ノイラミニダーゼとHIV-1インテグラーゼに対して阻害活性物質が検出されています。

月桃蒸留液の成分は多種多様な化合物が検出されています。
その多くが、テルペン系炭化水素の化合物です。
カンフェン、リモネン、テルピネン、ピネン、セビネン、ミルセン、パラシメン等のモノテルペン炭化水素類;アズレン、カマズレン、サンタレン、β-カリオフィレン、β-ビサボレン、ブルネッセン等のセスキテルペン炭化水素類;シトロネロール、ゲラニオール、リナロール、L-メントール、テルピネオール、ツヤノール、アズレン、カマズレン、サンタロール、ネロリドール、ブルネッセン、ファルネセン、スクラレオール、フィトール等のアルコール類;カルバクロール、オイゲノール、チモール、チャビコール、トランスアネトール、チャコピコールメチルエーテル、サフロール等のフェノール類;シトラール、シトロネラール等のアルデヒド類;カンファー、ジャスモン、クリプトン、ベルベノン、ツヨン、ピノカルポン、メントン、フェンコン、カルボン等のケトン類;1,8シネオール、ユーカリプトール、アスカリドール、ビサボロールオキサイド等のオキシド類;等がある。これらのいずれを添加しても100%天然成分で構成された抗菌活性を示す月桃蒸留液を作ることが可能です。

成分については、専門文献に多く記載されています。ここで取り上げたら、多くのページを費やすので控えますが、例として、
「植物の香りシリーズ 5)月桃 月桃精油の主要成分とその特徴」
著者:川口健夫 (城西大 薬)
資料名:Aromatopia 巻:17 号:3 ページ:8-9
発行年:2008年05月25
「月​桃​に​含​ま​れ​る​香​気​成​分​の​分​析​」
著者:栗原庸輔(前川製作所 技研)、今田隆弘(前川製作所 技研)、野田宗弘(前川製作所 技…
資料名:日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集   巻:17th   ページ:82
発行年:1999年07月22日

関連記事

ピックアップ記事

2015.9.8

月桃茶の効能

月桃茶の効能 月桃の効能・効果を要約しますと、 女性に対しては女性のホルモン調整、子宮強壮、不眠改善、月経前症候群への効果などやア…

おすすめ記事

  • 2015.12.14

    月桃茶の成分

    月桃茶の成分 月桃の成分としては、大まかには、 ・ポルフェノール ・食…

ページ上部へ戻る